XAMPPのインストール(Windows10)

開発環境
スポンサーリンク

はじめに

これからWindows10にXAMPPをインストールする手順を記載する。

XAMPPのダウンロードからインストール、Apache、MySQL(MariaDB)、phpMyadmin、簡単なPHPプログラムの動作確認までを行う。

XAMPPのダウンロード

  • 勝手にXAMPPのダウンロードが始まる。
    ダウンロードが完了したら、下側にある赤枠の「^」ボタンをクリックする。

  • メニューが表示されるので、「フォルダを開く」をクリックする。

  • XAMPPをダウンロードしたフォルダが開く

XAMPPのインストール

  • ダウンロードしたXAMPPのファイルをダブルクリックし、起動する。
  • もし起動時に、下図のような画面が表示され場合は、「Yes」をクリックする。

  • また、下図のような画面が表示され場合は、「OK」をクリックする。

  • 「Next >」をクリックする。

  • そのまま「Next >」をクリックする。

  • そのまま「Next >」をクリックする。

  • そのまま「Next >」をクリックする。

  • 赤枠のチェックを外して、「Next >」をクリックする。

  • そのまま「Next >」をクリックする。

  • インストールが始まるので、少し待つ

  • そのまま「Finish」をクリックする。
    これでインストールが完了

XAMPPの起動確認

  • 「Finish」をクリックした後、下図の「XAMPP Control Panel」が起動する。
  • 赤枠のApache、MySQLの「Start」をクリックする。

  • 赤枠のApache、MySQLが緑になれば、起動に成功
  • その後、赤枠の「Admin」をクリックする。

  • ブラウザが起動し、下図の画面が表示される。
    この時、Chrome以外のブラウザで表示されている場合は、Chromeで開くこと
    URLは、「http://localhost/」
  • Chromeで表示できたら、赤枠の「PHPinfo」、「phpMyAdmin」をそれぞれクリックする。

  • 「PHPinfo」をクリックした場合は、下図が表示される。

  • 「phpMyAdmin」をクリックした場合は、下図が表示される。

PHPプログラムの動作確認

  • 簡単なPHPプログラムが動くか確認をする。
  • XAMPPをインストールしたフォルダを開く。(Cドライブの中のxamppフォルダ)

  • 「htdocs」フォルダを開く。

  • 「htdocs」フォルダの中に赤枠「php」フォルダを新規作成する。

  • 新規作成した「php」フォルダを開く。
  • 「index.php」というファイルを新規作成する。
  • 「index.php」に下記プログラムを書いて、保存する。
<?php
    phpinfo();
?>

  • Chromeで「http://localhost/php/index.php」を開く
  • 下図のような画面が表示されていれば、PHPプログラムが正常に動いている

XAMPPの終了方法

  • 赤枠のApache、MySQLの「Stop」をクリックする。

  • 赤枠のApache、MySQLが緑から無色になれば、終了に成功
  • その後、赤枠の「Quit」をクリックするとXAMPPを終了できる。

XAMPPの起動方法

  • 画面左したの赤枠の「スタートボタン」をクリックし、アプリ一覧を表示する。
  • 赤枠の「XAMPP Control Panel」を見つけて、クリックする。

  • 「XAMPP Control Panel」が起動する。

タイトルとURLをコピーしました