Windows11+VirtualBox+CentOS7+SSH接続の環境構築手順書

Linux

はじめに

最新版のVirtualBox 7.0.8とCentOS 7の組み合わせがうまくインストールできない問題が発生しました。
VirtualBoxのバージョンを変更してインストールを試み、問題が解決できたため、本記事では、その動作確認に至る具体的な手順を記載します。

動作環境

OS Microsoft Windows11 Pro 22H2 64bit版
CPU Intel Core i7-12700 2.10 GHz (12世代)
メモリ 64GB

現象

最新版の「VirtualBox-7.0.8-156879-Win.exe」と「CentOS-7-x86_64-DVD-2207-02.iso」を組み合わせて環境構築を試みましたが、動作が不安定で、ブリッジアダプターが機能しない問題にも直面しました。

そこで、VirtualBoxのバージョンを「VirtualBox-6.1.40-154048-Win.exe」に下げてみたところ、動作が安定しました。

本記事では、このバージョンのVirtualBoxを使ってCentOS 7をインストールし、外部からSSH接続を行うまでの手順を説明します。

VirtualBoxのダウンロードとインストール

ダウンロード

下記URLから「VirtualBox 6.1.40」をダウンロードしてください。

Download_Old_Builds_6_1 – Oracle VM VirtualBox

インストール

ダウンロードした「VirtualBox-6.1.40-154048-Win.exe」を起動してください。

「Next」をクリックしてください。

「Next」をクリックしてください。

「Next」をクリックしてください。

「Yes」をクリックしてください。

「Install」をクリックしてください。

インストールが始まりますので、少し待ちましょう。

インストールが完了したら「Finish」をクリックしてください。

VirtualBoxが起動し、新しいバージョンについての表示がされますが、「OK」をクリックしてください。
※「OK」をクリックしても、勝手に新しいバージョンにアップデートされる事は無いです。

VirutalBoxのインストールが完了しました。

CentOS 7のダウンロードとインストール

ダウンロード

下記サイトから「CentOS-7-x86_64-DVD-2207-02.iso」をダウンロードしてください。

Index of /Linux/centos/7/isos/x86_64

インストールの準備

VirtualBoxの画面に戻ります。

「新規」をクリックしてください。

名前は任意ですが、今回は「CentOS7」とします。
入力できたら「次へ」をクリックしてください。

メモリサイズも任意ですが、今回はそのまま「1024MB」で「次へ」をクリックしてください。

「仮想ハードディスクを作成する」のまま「作成」をクリックしてください。

「VDI(VirtualBox Disk Image)」のまま「次へ」をクリックしてください。

「可変サイズ」のまま「次へ」をクリックしてください。

仮想ハードディスクのサイズも任意ですが、今回はそのまま「8GB」で「作成」をクリックしてください。

「設定」をクリックしてください。

「ストレージ」をクリックしてください。

ストレージデバイスにコントローラー: IDEの「空」をクリックしてください。

「属性」にあるディスクアイコンをクリックしてください。

表示されたメニューから「ディスクファイルを選択」をクリックしてください。

先程ダウンロードした「CentOS-7-x86_64-DVD-2207-02.iso」を選択し、「開く」をクリックしてください。

「空」から「CentOS-7-x86_64-DVD-2207-02.iso」に変更されます。
次に「ネットワーク」をクリックしてください。

「割り当て」を「NAT」から「ブリッジアダプター」に変更してください。

インストール

「起動」をクリックしてください。

CentOS7のインストーラーが起動します。
キーボードの↑矢印キーを押して、「Install CentOS 7」を選択し、Enterキーを押してください。

インストール準備が始まりますので、少し待ちましょう。

インストール画面が表示されたら「日本語」を選択し、「続行」をクリックしてください。。
その際、このような画面が表示されたら、「次回からこのメッセージを表示しない」にチェックをして、「キャプチャー」をクリックしてください。

インストールの概要画面では、下にスクロールして、「インストール先」をクリックしてください。

特に何も変更せず「完了」をクリックしてください。

次に「ネットワークとホスト名」をクリックしてください。

「Ethernet」欄の「オフ」をクリックして「オン」に変更してください。
「オン」にできたら「完了」をクリックしてください。

「インストールの開始」をクリックしてください。

「ROOTパスワード」をクリックしてください。

好きなパスワードを設定してください。その後左上の「完了」ボタンをクリックしてください。
※パスワードが脆弱でも「完了」ボタンを2回押せば、そのまま設定できます。

「ユーザーの作成」をクリックしてください。

「フルネーム」を入力してください。同時にユーザー名も入力されます。
必要であれば「このユーザーを管理者にする」にチェックを入れてください。
パスワードには、好きなパスワードを設定してください。その後左上の「完了」ボタンをクリックしてください。
※パスワードが脆弱でも「完了」ボタンを2回押せば、そのまま設定できます。

「設定完了」をクリックしてください。

インストールが始まりますので、少し待ちましょう。

インストールが完了したら「完了」ボタンをクリックしてください。

再起動後、このような画面が出ても触らず待ちましょう。

CUI画面(文字だけの画面)で起動します。

CentOS 7にログイン

先程「ユーザーの作成」で設定したユーザー名(jet-blog)、パスワード(自分で決めたパスワード)でログインします。
ユーザー名、パスワードを入力したらEnterキーでログインします。
※「Password:」のところは、入力されていないように見えますが、入力されています。
そのままパスワードを入力してみましょう。

ログインできたら、[PC@localhost ~]$ のような画面になります。

CentOS 7のSSH設定

下記コマンドでスーパーユーザーというユーザーになります。

su -

下記コマンドでSSHサーバーを起動します。

systemctl start sshd.service

下記コマンドでSSHサーバーの起動状態を確認します。
緑色の文字で「active (running)」になっているれば成功です。

systemctl status sshd.service

後ほどTeraTermでSSH接続するために、下記コマンドでこのCentOS 7のIPアドレスを確認します。
※今回のIPは「192.168.0.137」となりました。ここは各自異なるので注意してください。

ip a

TeraTermからSSH接続

ダウンロード

下記サイトからTeraTermをダウンロードしてください。

窓の杜
「Tera Term」定番のターミナルエミュレーター

インストール

ダウンロードしたTeraTermのインストーラーファイルを実行してください。

「日本語」のまま「OK」をクリックしてください。

「同意する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックしてください。

「次へ」をクリックしてください。

「次へ」をクリックしてください。

「日本語」であることを確認して「次へ」をクリックしてください。

「次へ」をクリックしてください。

「次へ」をクリックしてください。

「インストール」をクリックしてください。

「今すぐ Tera Term を実行する」にチェックを入れて、「完了」をクリックしてください。

Tera Termが起動します。

SSH接続

「ホスト」の欄にさきほど調べたCentOS 7のIPアドレスを入力し、「OK」をクリックしてください。
※IPアドレスは、各自異なるので注意してください。もう一度調べる方は、本記事の上記にCentOS 7のIPアドレスを調べる項目があるので、そちらを参照してください。

このような画面が表示された場合は、「続行」をクリックしてください。

CentOS 7のインストール時に作成したユーザー名とパスワードを入力してください。
その後「OK」をクリックしてください。

無事Tera TermからVirtualBox上のCentOS 7にSSH接続できました。

タイトルとURLをコピーしました