【C言語入門】第2回 本格的な学習環境を作ろう

C言語
スポンサーリンク

はじめに

自分のパソコンに、C言語の学習環境を作っていきます。

前提としてパソコンがインターネットに繋がっている事です。

今回はMicrosoft社が無料で提供しているVisual Studio 2019 Communityを使用します。

Visual Studio 2019 Communityのインストールから初期設定までを記載します。

Visual Studio Code 2019 Community ダウンロード

  • 「vs_community__1219597940.1588165298.exe」のようなファイルが勝手にダウンロードされる。

インストール

  • ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックで起動する。
  • 「続行」をクリックする。

  • 少し待つ

  • 「C++によるデスクトップ開発」をクリックして、チェックを入れる
    その後、「インストール」をクリックする。

  • 少し待つ

  • 必要なファイルを保存するなど再起動の準備をしてから、「再起動」をクリックする。

起動と終了

起動

  • 「スタート」をクリックしてからメニューを開き「Visual Studio 2019」を起動する。

  • 初回起動時に表示される画面ですが、ここは「後で行う。」をクリックする。

  • 設定は変えず、「Visual Studio の開始」をクリックする。

  • 少し待つ

  • Visual Studio 2019起動

終了

  • Visual Studio 2019を終了させたい場合は、右上の「×」ボタンをクリックする。

新規プロジェクトの作成

  • 「新しいプロジェクトの作成」をクリックする。

  • 「コンソール アプリ」をクリックする。

  • ①よく分からない場合は、そのままでOK
  • ②プログラムファイルの保存先を指定する。
  • ③よく分からない場合は、そのままでOK
  • 上記設定できれば、「作成」をクリックする。

・プロジェクトが開き、編集画面が表示される

  • 一度Visual Studio 2019を終了する。

初期設定

C言語用のテンプレート配置

  • 下記からC言語用のVisual Studio 2019テンプレートをダウンロードする。
    https://jet-blog.com/files/clang_main.zip
  • ダウンロードした「clang_main.zip」ファイルを下記フォルダに移動する。
    C:\Users\【ユーザー名】\Documents\Visual Studio 2019\Templates\ProjectTemplates\Visual C++ プロジェクト

C言語の実行確認

  • Visual Studio 2019を起動する。
  • 「新しいプロジェクトの作成」をクリックする。
  • 一番下にある「clang_main」をクリックして、「次へ」をクリックする。
  • ①任意のプロジェクト名を入力(よく分からない場合は、そのままでOK)
  • ②プロジェクトの保存先を設定する(よく分からない場合は、そのままでOK)
  • ③そのままでOK
  • 上記の設定ができたら、「作成」をクリックする。
  • Visual Studio 2019が起動するので、「ソリューション エクスプローラー」から「ソースファイル」をダブルクリック
  • 「clang_main.c」をダブルクリックするとC言語のプログラム(ソースコード)が表示される。
  • 「ローカル Windows デバッガー」をクリックとプログラムが実行される。

 

タイトルとURLをコピーしました