【C言語入門】第3回 画面に文字を表示

C言語
スポンサーリンク

はじめに

C言語を使って画面に好きな文字を表示してみます。

今回に限りプロジェクト作成から説明します。

以降の連載では「プロジェクト作成」は省略します。

プロジェクトの作成

  • Visual Studio 2019を起動する
  • 「新しいプロジェクトの作成(N)」をクリックする。
  • 「clang_main」をクリックして選択し、「次へ」をクリックする。
    ※「clang_main」が存在しない場合は、ここから設定してください。
  • ①任意のプロジェクト名を入力:今回は「clang_main1」とする
  • ②プロジェクトの保存先を設定する:今回は「C:\Users\lightbox\clang」とする
  • ③①と同じでよい
  • 上記の設定ができたら、「作成」をクリックする。
  • Visual Studio 2019が起動するので、「ソリューション エクスプローラー」から「ソースファイル」をダブルクリック
  • 「clang_main.c」をダブルクリックするとC言語のプログラム(ソースコード)が表示される。

画面に文字を表示してみる

  • 「clang_main.c」に下記ソースコードを書いてみましょう。
    #include <stdio.h>
    
    int main()
    {
        printf("Hello World!!\n");
        printf("0123456789\n");
        printf("こんにちは、世界!!\n");
    
        return 0;
    }
    
    
  • 書き終えたら、「ローカル Windows デバッガー」をクリックするとプログラムが動く。
  • プログラムの実行結果

さいごに

printf関数(機能)を使うと、画面に文字を表示する事ができます。

ここでは簡単なprintfの使い方を下記します。

// 基本的なprintfの使い方
printf("ここに表示したい文字を書く");

 

タイトルとURLをコピーしました