【備忘録】Git+GitHubコマンド

プログラミング

必要なモノ

事前準備

  • GitHub上でリポジトリを作成しておく
  • Gitに付属しているGit Bashを起動しておく

最低限の設定とコマンド

# ユーザーとメールアドレスの追加&内容確認
git config --global user.name 【ユーザー名】
git config --global user.email 【メールアドレス】
git config --global --list

# 初期化
git init

# ファイルの追加
git add .

# Commit(コミット)
git commit -m "コミットコメント"

# Push(プッシュ)先の設定
# 以降「origin」が【GitHubのリポジトリURL】のショートカット名となる
git remote add origin 【GitHubのリポジトリURL】

# Push(プッシュ)
# デフォルトで「master」ブランチが自動作成されてPushされる
git push origin master

# Pull(プル)
git pull origin master
タイトルとURLをコピーしました