metaタグの[X-UA-Compatible]について

HTML/CSS
スポンサーリンク

概要

ふとHTML5の復習をしていたら、metaタグに記載されている、
「X-UA-Compatible」が気になったので調べた。

<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=edge">

結論

ほぼ記載必須である。

これは要するに、IEユーザが対象になる。

上記例の「content」で指定している、「IE=edge」より、
IEユーザが使用できる、最新バージョンのIEでホームページを表示してねってこと。

サンプル

実際は「content」のパラメータを設定する。

<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=edge">

/* パラメータ一覧 */
- IE=edge : ユーザが使用できるIEの最新バージョンで表示する。
- IE=EmulateIE11 : 常にIE11モードとして動作する。
- IE=EmulateIE10 : 常にIE10モードとして動作する。(※製品不具合)
- IE=EmulateIE9 : DOCTYPE宣言に応じて、IE9モードかQuirksモード(IE5)を選択する。
- IE=EmulateIE8 : DOCTYPE宣言に応じて、IE8モードかQuirksモード(IE5)を選択する。
- IE=EmulateIE7 : DOCTYPE宣言に応じて、IE7モードかQuirksモード(IE5)を選択する。
- IE=11 : 必ずIE11モードを選択する。
- IE=10 : 必ずIE10モードを選択する。
- IE=9 : 必ずIE9モードを選択する。
- IE=8 : 必ずIE8モードを選択する。
- IE=7 : 必ずIE7モードを選択する。
- IE=5 : 必ずIE5モードとして動作する。

 

タイトルとURLをコピーしました